2012 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

7月30日(月) 

7月30日-8月3日週の為替相場は、リスク回避の後退によるユーロ反発や円全面安の持続性を見極める展開となる。

前週は後半にかけてユーロが反発。ドラギECB総裁や独仏首脳が相次いで「ユーロを守るため、あらゆる措置を講じる」と決意を表明したほか、「ECBが欧州各国とともにスペインとイタリアの国債を買い支える協調行動に踏み切る」との観測報道などが過度な欧州不安を後退させた。

その中でポンドなどの欧州通貨や豪ドルなどの資源国通貨も買い戻され、反対に安全逃避で買われてきたドルや円が反落。ドル/円はドル全面安に押されたが、週末27日には米国の4-6月期GDPが懸念ほど悪化しなかったことや、安全逃避の後退で米国債金利が上昇(債券価格は下落)したことで、ややドルが上昇に転じている。

前週のユーロ反発は、今後の「政策期待」が月末や五輪前のポジション調整とあいまって投機的なユーロ売り(ユーロ・ショート)の巻き戻しを誘発させた。欧州債務金融危機の根は深く、あくまで短期的な自律調整との見方も強いが、2日のECB理事会などに向けた政策期待と、実際の政策効果の持続性が焦点となりそうだ。

最近ではECBが昨年12月と今年2月に3年物資金供給(LTRO)という危機対応策を行った。その効果によるユーロ高や円全面安は、1-3月にかけての3カ月程度となっている。
一方、EU首脳会議は6月末、スペインの銀行支援などで合意したが、ユーロは一時的な反発のあと、僅か1週間足らずの7月4日から再下落に転じた(円は全面高へ)。今回も双方の可能性をはらむ。

ただし9月になれば、ドイツ憲法裁判などを経たあとの欧州安定化システム(ESM)の稼動、スペインの銀行に対するストレステストの結果公表と実際の資本注入始動、ギリシャ財政再建の進捗調査の終了、オランダ総選挙やスペイン再格下げなどによる「悪材料の出尽くし」といった好材料が期待できる。
こうした9月のイベントを踏まえると、よほどの政策失望がなければ、ユーロ反発や円全面安は9月まで持続する可能性が消えていない。

一方、ドルについては7月31日-8月1日にFOMC、3日に米雇用統計が予定されている。いずれもドル安と、ドル/円の主導による円全面高の再開リスクを秘めたものだ。
ただし、前週末には米国のGDPが懸念ほど悪化せず、大規模な緩和期待が後退したが、「失望の米株安とリスク回避の円高」とはならず、「米国経済の底堅さと欧州での政策期待による円全面安」につながった。
よほどのドル安サプライズがない限り、欧州での政策期待が残る間はクロス円での円安と、ドル安・円安の中でのドル/円はややドルが持ち直しという展開が想定されそうだ。

テクニカルではドル/円、クロス円ともに、日足・一目均衡表チャートで8月中旬に変化日を示す「雲のネジレ」が観測されている。

これから8月にかけては、雲のネジレ水準を目指した外貨の反発と、ネジレの上抜け通過による上昇トレンド入り(円安)。あるいは新たな悪材料に伴い、ネジレ方向へのトライに至らず外貨が再失速したり、ネジレ方向への一時的な外貨高があっても、結局はネジレの上抜けに失敗。外貨の下落トレンドが再開(円高)されるという、両リスクをはんらんだ重要分岐点を迎えている。



さてさて、週末にジョイブレさんがスペイン債購入に反対とかネガティブニュース出てたりもしましたが、あまり窓も空けずにオープン。
ただ、あの金曜深夜のあの急落が気になります。
日足で見るといい位置からの上ヒゲになってますし。
いったんリバも終了となりそうな雰囲気も。。。


2012y07m30d_083020269.gif
下降トレンドラインのレジスタンスがちょうどこのあたりだったんですよね
ちょうど今は21日線なんで、ちょっとどっちにいくか気になるところ。
雇用統計週でもあるのでちょっともじもじしそう。


2012y07m30d_083215490.gif
時間足。
あの急落で結局イッテコイ。
こうなってくると金曜の安値がネックラインなわけでこれは気になります。
今は時間足でも21MAあたり。
金曜の急落、そして今朝の窓、ちょっと下目線中。。。
とは言ってもアジア時間、あまり期待はしてませんが。



では本日のスケジュール。

17:30 英6月消費者信用残高
17:30 英6月住宅証券融資残高
17:30 英6月マネーサプライ
17:30 英6月住宅ローン承認件数
18:00 ユーロ圏7月消費者信頼感[確報]
18:00 ユーロ圏7月鉱工業信頼感
18:00 ユーロ圏7月業況判断指数
18:00 ユーロ圏7月経済信頼感
18:00 ユーロ圏7月サービス業信頼感
19:00 英7月CBI流通取引調査
21:00 南ア6月財政収支
23:30 米7月ダラス連銀製造業活動指数

欧州企業決算
HSBCホールディングス


重要イベント

17:30 英6月消費者信用残高、住宅証券融資残高、住宅ローン承認件数
(欧州債務金融危機の波及などが重石)
18:00 ユーロ圏7月消費者信頼感[確報]、鉱工業信頼感、業況判断指数
(減速傾向も一定の悪化は織り込まれる)
23:30 米7月ダラス連銀製造業活動指数
(資源関連の拠点であり、原油の下げ止まりなどが下支え)

たいしたのはなさそうなんですよね。



スポンサーサイト

7月26日(木) 

今日は久しぶりというか今週初めて朝からおうち。
ここのところ病院やら役所やら保健所やら巡っててちょっとバタバタしてました。

昨日は欧州時間のニュースでの上昇からの押し目で一回入っただけ。
ちょうど100時間線でもありましたし。
2012y07m26d_100710907.gif
ネタ入ってショートカバーでしょうけど一気に上昇。
こういう出来高増えたときってやっぱりきれいな波描いてくれるんですよね。
で、一回叩かれてからの普段から言ってる52MAできっちり反発。
これはもう買うしかないわけで。



2012y07m26d_090357232.gif
時間足。
こうやってみると実は今週ほとんど変わってないという・・・。
ちょうど今日の朝は先週金曜日の終値あたりで。
まだまだレンジモードになってはいるものの、ちょっと上目線。
昨日で気にしてたレジ抜けたということでこのあと気になります。
100時間線あたりで今揉んでますが、ここから上いけるのかどうか。
日足的にもいいところで陽線出たなぁという雰囲気。
ただ、ここ10日間のボラが90pips程度。20日間でも100pips程度。
もう少しボラが欲しいところ。
レンジならレンジで昨日みたいにサポやレジで反発反落してから考えるってことで。



7月22日(日) 

さんざん揉んでたここ二週間ですが、金曜日になってようやく動きが。
完全に下抜けしたわけではないですが、いい形になってきつつあるかと。

2012y07m22d_095016020.gif
先週書いた週足NR7の安値あたりでぴったり終了。
ここを明確に下抜いてくるのかどうかが大事かと。


で、その金曜日だけトレードしました。
2012y07m22d_095632880.gif
ダウ理論的にいい形での下落で前日安値ブレイク。
久しぶりにこういうの来ましたね~。
ここ5日間くらいずっとV字チャートでしたし。
こういうときって雰囲気ありますよね。
前日みたいなV字の気配なかったですし、一気にスコンとブレイク。
これで少しは明日から期待できるかしら。
ただ、完全に抜け切った感じはしてないのでここを下回って推移するのかどうかは気にしておきたいです。



7月23日-27日週の為替相場は、ユーロ安とドル安が交互に直撃する形での根強い円高と、反動調整の円安をにらんだ展開となる。

前週末20日にはユーロ/円の主導で円高が継続。スペインのバレンシア州が中央政府に支援を要請する意向を示したことや、ユーロ圏財務相会合でスペイン銀支援に関する覚書が最終承認されたものの、「次は財政支援の要請に追い込まれる」との懸念がスペイン国債の続落(金利は急上昇)とユーロ安につながった。
さらにスペイン国債の格下げも、ユーロ安やリスク回避の円高に拍車を掛けている。

来週は欧州で消費関連や景況感の指標が相次ぐため、改めて悪化が示されるとユーロ続落が意識されやすい。政策当局が夏休みモードのため危機対応の遅れが不安視され、2007年から昨年までに繰り返されてきた「7月後半から8-9月にかけてのリスク回避の円全面高」の再現リスクも警戒され始めた。

かたや米国では来週に住宅販売や耐久財受注、GDPなどの重要指標が相次ぐ。改めて悪化を示すと、米国経済の減速懸念によるドル安やリスク回避の円高を後押しさせやすい。

もっとも欧州債務危機の再燃や米国の減速は、改めて各国当局の政策対応を促すものだ。米国では31日-8月1日にFOMCが控えており、それまでに政策期待が高まると「追加緩和観測によるドル安」の一方で「リスク回避後退による調整円安」を誘発させる可能性も消えていない

同時に現在は「夏の円全面高」再燃が警戒されながら、前週の円高局面でも対円ではスウェーデン・クローナ、豪ドル、ブラジル・レアルといった高金利通貨が打たれ強さを保っていた。

前週からは同じ高金利通貨でもメキシコ・ペソ、トルコ・リラなどが頭打ちとなっており、またぞろユーロ安とドル安に高金利通貨も追随下落していく円全面高の可能性は残るものの、日本の貿易赤字の定着などによる「潜在的な円の強さの後退」などとあいまって、2007年以降に繰り返されてきた円全面高との微妙な変化が注目されそうだ。

ドルについても総合力を示すドル指数は前週は調整下落に転じたが、「安全逃避によるドル買い」や「対ユーロでのドル高」などとあいまって、現状はまだ中長期の反発トレンドが維持されている。ドル自体の復調がドル/円でドルの下支えに作用し、ユーロ/円主導の円全面高を抑制させるシナリオも排除できない。


今週はスペインネタ継続でしょうか。


[ 2012/07/22 10:10 ] 雑記 | CM(5)

7月19日(木) 

週末に書いた週足NR7の件。
もうすでに木曜ですが、いまだにそのNR7である先週のインサイドなんです。
で、四日連続下落からのV字回復相場。
方向感ないといえばそれまでなんですけどね。
日足のこの下ヒゲがもう気持ち悪いのなんのって。

2012y07m19d_105228577.gif
週足。
NR7十時線のさらにそのインサイドウィーク。
もちろんこの高安値が一番大事。
というか、これ抜けるまでは高値追い安値売りはしたくないところ。


2012y07m19d_105308901.gif
で、日足。
もうね、不気味ですこの下ヒゲ。
何度も下落ネタで落とされてもNY時間で一気に回復がかれこれ四日連続。
そして昨日は無理やり10日線に乗せてきた感じ。
気持ち的にはこうなると上値ブレイク目線になりがちなんですよね。
素直にブレイクしてくれればいいのですが。
ここのところの下値での買いを見る限り下値ではまず売りたくないってことで。


2012y07m19d_083816595.gif
10・21・52・100・200時間線がぎゅぎゅーっと収縮して水平に。
完全に方向感なくなってます。
とにかく抜けた方向に抜けた方向に。。。




本日のスケジュール。

○15:00 ◇ 6月スイス貿易収支
○17:00 ◇ 5月ユーロ圏経常収支(季節調整済み)
○17:30 ◎ 6月英小売売上高指数(自動車燃料含む、予想:前月比0.6%/前年比2.3%)
○20:15 ◎ モルガン・スタンレー第2四半期決算(予想:1株利益0.290ドル)
○21:30 ◎ 5月カナダ卸売売上高(予想:前月比0.2%)
○21:30 ◎ 前週分の米新規失業保険申請件数(予想:36万5000件)
○23:00 ◎ 7月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数(予想:▲8.0)
○23:00 ◎ 6月米中古住宅販売件数(予想:前月比1.5%/年率換算462万件)
○23:00 ◎ 6月米景気先行指標総合指数(予想:前月比▲0.1%)
○未定 ☆ 南アフリカ準備銀行(SARB)、政策金利発表(予想:5.50%で据え置き)
○米財務省2年、5年、7年債入札条件
○20日02:00 ◎ 米財務省、10年物インフレ指数連動債(TIPS、150億ドル)入札
○20日05:00~ ◎ グーグル第2四半期決算(予想:1株利益10.120ドル)
○20日05:00~ ◎ マイクロソフト第4四半期(4-6月期)決算(予想:1株利益0.620ドル)
○欧州中央銀行(ECB)理事会(金利発表なし)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。


ダウが馬鹿みたいに強いのが今のこの毎日V字回復相場の原因なわけですが、この明け方の決算発表が気になるところ。
アメリカ企業の業績軒並みいいですものね。



オーダー状況。

【ユーロドル】
1.2350ドル ストップロス買い
1.2340ドル ストップロス買い
1.2335ドル 売り
1.2330ドル 売り
1.2325ドル ストップロス買い
1.2320ドル ストップロス買い
1.2315ドル ストップロス買い
1.2310ドル ストップロス買い
1.2300ドル 売り:ストップロス買い
1.2295ドル 売り

1.2280ドル(現在値)

1.2220ドル 買い
1.2210ドル 買い
1.2200ドル 買い
1.2190ドル 買い
1.2180ドル 買い
1.2150ドル 買い:ストップロス売り


下値での買いオーダーは恐ろしいくらいw
そしてストップロスも買いばっかり。
この日足じゃそうなりますよね。
アセンディングトライアングルというか下降フラッグというか。
下値はきれいに切りあがってるわけで。
triangle1.png





7月17日(火) 

なんか昨日の相場は金曜と同じような感じでしたが、入ったのは下落局面のみ。
NY時間にいい上昇パターンあったわけですけどこれは入っておらず。
考えてみればここしばらく売りしかやってないんですよね。
日足ベースでは確実に売り足だったわけで。
でも金曜と昨日とで上昇も見えてきたのでどっちでもいけるようにしておかないといけないかと。


というわけで昨日の画像。
2012y07m17d_091602677.gif
欧州時間の下落局面。
下抜けしたあとピボで反発、そして52MAで反落したところで売り。
S1で半分そのあと粘るも全然いく気配なく撤退。
やっぱり1.22割れには何かいますよね。。。
実際は企業はHF、さらには中華が買ってたみたいですけど。


2012y07m17d_092931221.gif
で、NY時間の上昇場面。
これもきれいすぎるダウ理論の形。
こういうのしっかり入らないと。って言っても見てもいなかったわけで。
上下にしっかり波が出てるときこそ勝負ってこと。




時間足。
2012y07m17d_075155894.gif
200時間線間際のレジ付近の攻防。
これ上に抜けられるかどうかってかなり大事かと。

しかし日足で昨日の足、これ気になってます。


本日のスケジュール。

○10:30 ◎ 7月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
○17:30 ☆ 6月英CPI(予想:前月比▲0.1%/前年比2.8%)
     ◇   小売物価指数(RPI、予想:前月比0.0%/前年比3.0%)
○18:00 ◎ 7月ユーロ圏ZEW景況感指数
○18:00 ◎ 7月独ZEW景況感指数(予想:▲20.0)
○18:00 ◎ キング・イングランド銀行(BOE)総裁、タッカーBOE副総裁、フィッシャーBOE理事、議会証言
○20:30 ◎ ゴールドマン・サックス第2四半期決算(予想:1株利益1.176ドル)
○21:30 ◎ 5月カナダ卸売売上高(予想:前月比0.6%)
○21:30 ☆ 6月米CPI(予想:前月比横ばい)
     ☆    エネルギーと食品を除くコア指数(予想:前月比0.2%)
○22:00 ☆ カナダ銀行(BOC、中央銀行)、政策金利発表(予想:1.00%に据え置き)
○22:00 ◎ 5月対米証券投資動向(予想:短期債を除く流入額413億ドル)
○22:15 ◎ 6月米鉱工業生産指数(予想:前月比0.3%)
     ◎   設備稼働率(予想:79.2%)
○~22:30 ◎ ステート・ストリート第2四半期決算(予想:1株利益0.974ドル)
○23:00 ◎ 7月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数(予想:30)
○23:00 ◎ バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長、上院銀行住宅都市委員会で半期金融政策報告
○18日00:30 ◎ アスムッセン欧州中央銀行(ECB)理事、講演
○18日02:15 ◎ ピアナルト米クリーブランド連銀総裁、講演
○18日05:00~ ◎ インテル第2四半期決算(予想:1株利益0.521ドル)
○18日05:05 ◎ ヤフー第2四半期決算(予想:1株利益0.231ドル)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。


アジア時間はコアラデーっぽいんで様子見。




オーダー状況。


【ユーロドル】
1.2360ドル ストップロス買い
1.2350ドル ストップロス買い
1.2335ドル 売り
1.2330ドル ストップロス買い
1.2310ドル ストップロス買い
1.2300ドル 売り:ストップロス買い
1.2295ドル 売り

1.2275ドル(現在値)

1.2250ドル 買い
1.2210ドル 買い
1.2200ドル 買い
1.2175ドル 買い
1.2170ドル 買い:ストップロス売り
1.2160ドル ストップロス売り
1.2150ドル 買い
1.2140ドル ストップロス売り



ちょっと上下挟まれてる感はありますね。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。