2012 031234567891011121314151617181920212223242526272829302012 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

4月29日(日) 

さてさて、毎年書いてますが、トレードでは一年で一番苦手なGW期間。
一度コテンパンにやられてからは毎年ほぼお休みにしてるんですよね。
クリスマスとGWだけは相性悪くて。

で、先週は結局ノートレ。
一応下値切り上げてきてはいるものの上にブレイクもせず。
スキャやるくらいしかできなかったのかな、と。

というわけで、ふと月足眺めてました。

2012y04m29d_085441984.gif
年々ボラ小さくなってるのも気になるところ。
これ、三角もち合いに近いような感じしません?
去年のトレンドがまともにでなかったのも酷かったですけど、それにもまして今年のロウソク見て笑ってしまいました。
ロウソクが小さいのはもちろん、それよりも2,3,4月とほぼ同じ位置なんですよね。
この三ヶ月のレジサポをどっちに抜けるかが一番大事かと思ってます。
一方通行通貨と言われてた頃が懐かしいです。


では日足。

2012y04m29d_084446656.gif
うん、まったいら。
ただ、10MA(黄色いMA)見てください。
ゆろるって10MAで下値や上値しっかりと抑えてその方向にいくこと多いのですが、
今10MAで下値維持してるんですよね。
これがどうなるか・・・。
あと遅行線が実体にべっとりなんで、これが上にでも抜ければいいんですけどね。


時間足。

2012y04m29d_084539306.gif
ちょうどレジ付近で推移して終了。
ここきれいに抜けられるのかどうかなんですよね。
先週はそういうところから結局落とされてたわけですが。
200時間線とこのレジ、どっちに抜けるか気にしたいですが、
週明け窓で抜けるのはカンベンしてもらいたいところ。



スポンサーサイト

[ 2012/04/29 10:04 ] 反省会 | CM(6)

4月26日(木) 

まさかまさかのFOMCでも連日のNR7。
もちろんノートレですが、そろそろだと思うんですよね。
2012y04m26d_085638551.gif
ちょっと時間足小さくしてみると下のトレンドラインと上のレジスタンスでアセンディングトライアングルに見えてくるんですよね。
4時間足とかのほうがわかりやすいかしら。
まぁ、抜けなければ下にいったんいくんでしょうけど。
というわけで大事なのは昨日の高安値。



では、本日のスケジュール。

○16:00 ◎ ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、講演
○18:00 ◎ 4月ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値、予想:▲19.8)
○18:00 ◎ イタリア国債入札
○18:30 ◇ 3月南アフリカ卸売物価指数(PPI、予想:前月比0.6%/前年比8.0%)
○21:00 ◎ 4月独消費者物価指数(CPI)速報(予想:前月比0.1%)
○21:30 ◎ 前週分の米新規失業保険申請件数(予想:37万5000件)
○~22:30 ◎ エクソンモービル第1四半期決算(予想:1株利益2.076ドル)
○23:00 ◎ 3月米住宅販売保留指数(仮契約住宅販売指数、予想:前月比1.0%)
○27日02:00 ◎ 米財務省、7年債(290億ドル)入札
○国際通貨基金(IMF)/経済協力開発機構(OECD)/世界銀行の債券フォーラム(ワシントン、最終日)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。

今日はたいした指標ないんで逆に欧州時間が気になります。


オーダー状況。

【ユーロドル】
1.3310ドル 売り
1.3300ドル 売り:ストップロス買い
1.3280ドル 売り
1.3270ドル ストップロス買い
1.3260ドル 売り:ストップロス買い
1.3240ドル ストップロス買い

1.3230ドル(現在値)

1.3210ドル 買い
1.3200ドル 買い
1.3170ドル ストップロス売り
1.3150ドル 買い
1.3130ドル 買い
1.3120ドル 買い
1.3110ドル 買い
1.3100ドル 買い:ストップロス売り
1.3080ドル 買い
1.3070ドル 買い


やっぱり昨日の高安値ブレイクのところにストップありますね。


4月25日(水) 

最近恒例となってきた火曜日のNR7。
とは言ってもこの日足の状況ではだからどうしたの?って感じですがw

もちろん月火とノートレ。
ダウ理論メインで考えていくと、こういうトレンドのない相場は一切手出せなくなるんですよね。
逆に言えば手出さなくてよかったってことになるのですが。
もう少しは動いてくれるといいんですけどね。

2012y04m25d_073303646.gif
NR7ですが、実際は一昨日の安値と金曜の高値が大事ってことで。
レートで言えば1.31と1.323あたり。
まぁ、FOMC控えて動く気はしないですが。



では本日のスケジュール。

○16:00 ◎ ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、議会証言
○16:30 ◎ メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁、講演
○17:30 ☆ 1-3月期英国内総生産(GDP)速報値(予想:前期比0.1%/前年比0.3%)
○18:15 ◎ コンスタンシオECB副総裁、講演
○18:30 ◎ ドイツ国債入札
○20:00 ◎ MBA住宅ローン申請指数
○20:30 ◎ キャタピラー第1四半期決算(予想:1株利益2.129ドル)
○21:30 ◎ 3月米耐久財受注額(予想:前月比▲1.7%/輸送用機器を除く前月比0.5%)
○26日00:30 ◎ 米財務省、5年債(350億ドル)入札
○26日01:30 ☆ 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表(予想:0.00-0.25%に据え置き)
○26日03:00 ◎ FOMC、経済・金利見通し発表
○26日03:15 ☆ バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長、定例記者会見
○26日05:15 ◎ カーニー・カナダ中銀(BOC)総裁、議会証言
○26日06:00 ☆ ニュージーランド準備銀行(RBNZ)、政策金利発表(予想:2.50%に据え置き)
○国際通貨基金(IMF)/経済協力開発機構(OECD)/世界銀行の債券フォーラム(ワシントン、26日まで)
○オーストラリア、ニュージーランド(アンザックデー)、休場


欧州時間のドラギさんに夜中のFOMCにバーナンキさん。
こりゃ、それまで動く気がしませんね・・・。



4月23日(月) 

4月23日-27日週の為替相場は、ドル/円、クロス円での円安・外貨高の基盤固めを基本シナリオとしながら、ユーロ安やドル安の再燃(=円高)を常に警戒する神経質な展開となる。

最大の焦点は日米中銀の金融政策だ。まず24-25日に米FOMCが開催されるが、根強い雇用・住宅市場の低迷に配慮する形で先行きの追加金融緩和が示唆される可能性がある。景気見通しへの慎重さや量的緩和第3弾(QE3)の地ならしが見られると、改めてドル安が進むリスクは消えていない。

一方で委員内で原油高などによるインフレ警戒の声が強まると、大規模な緩和観測は後退。ドルは全面高に作用する。しかし、米国株にはマイナスとなるため、株安がクロス円主導による「リスク回避の円全面高」を招く波乱余地を秘めている。

そうしたドル安と円高のリスクが残る中で、27日に日銀の金融政策決定会合が開催される。
27日段階での米FOMCや米国の指標、決算発表、欧州国債入札などの結果状況次第ながら、日銀の結果発表時にドル安やユーロ安、円高のセンチメント(市場心理)が強まっていると、事前報道の範囲内の追加緩和であれば「失望」や「材料出尽くし」による円全面高を誘発するリスクをはらむ。

とはいえ日銀には、与野党から日銀法改正や人事介入などを材料としたデフレ脱却努力への圧力が高まってきた。最近では国会で難航する消費税増税法案の協力取引として、民主党は自民党が提案する日銀法改正の受け入れでバーターする可能性まで浮上している。

その中で日銀が政治圧力をはねのけるため、円高・デフレ阻止と物価目標達成の「責務」のもとで、サプライズの緩和強化を行う可能性も排除できない。その場合は過去2年に繰り返された「4-5月以降の円全面高リスク」が完全に後退。ドル/円、クロス円で緩やかな円全面安のトレンド軌道が決定づけられる。

また、日銀の緩和措置でも円高が激化するようなら、介入再開の可能性が注視されよう。日本はIMFへの追加拠出に応じることで欧州債務危機の防止に全面協力しており、にもかかわらず円高の火の粉が襲うようであれば、欧米に円高阻止の理解が得られやすい。

さらに日本では経常黒字が急減してきた。同時に欧米が日本に主張してきた「円高の原因は日本国内の構造デフレにあり、まずはデフレ克服の努力を行うべき」という意見に対しても、日銀が追加緩和の自助努力を行う公算となっている。
それでも円高が加速すると、国際的な客観基準や経済ファンダメンタルズとの見合いで「円高は行き過ぎ」という円の過大評価が明確化。介入を含めた日本の円高是正努力が海外から黙認される可能性がある。

その他、来週は22日のフランス大統領選挙第1回投票の結果を受けた市場反応や、相次ぐ米国での経済指標と決算発表、23日の中国PMI指数、24日のスペインとイタリア・26-27日のイタリアでの国債入札、25日の英国・27日の米国でのGDP発表、26日のNZ中銀政策会合などのイベントに一喜一憂する波乱含みの展開が想定されそうだ。

テクニカル面ではドル/円、クロス円ともに日足と週足・一目均衡表の先行スパンの雲の上限ラインや下限ラインの上抜け維持攻防となっている。
日々、こうしたラインの上抜けが固まるか(外貨高・円安)、あるいは完全に下抜けていくか(外貨安・円高)を見定めていく重要な正念場が続きそうだ。




さてさて先週末は上昇でしたがレジの攻防戦で終了。
で、今朝は窓開けての下落。
結果としてレジで反落といった形。

日足で見ると・・・

2012y04m23d_091940266.gif
2月あたりからひどいものですw
特に今月はもう。
ボリバンも二ヶ月以上水平でMAもぺったんこ。


ちなみに去年の後半は、
2012y04m23d_092038719.gif
同じ動きなんですけど、規模が違うって感じ。
もちろん縦軸は同じレート幅です。
もうちょっと辛抱ですかね。
こういう相場になったときにいかに勝負できるかがポイントってことで。




時間足。
2012y04m23d_104941716.gif
朝の安値がネックラインになりそうな雰囲気もしますが、月曜なので欧州時間はあまり期待せずにw
上値はもちろん金曜高値。


本日のスケジュール。

○15:45 ◇ 4月仏企業景況感指数(予想:96)
○17:00 ◎ 4月ユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報(予想:48.1)
○17:00 ◎ 4月ユーロ圏サービス部門PMI速報(予想:49.3)
○17:30 ◎ 3月香港消費者物価指数(CPI、予想:前年同月比4.9%)
○18:30 ◎ ドイツ国債入札
○21:30 ◎ 2月カナダ卸売売上高(予想:前月比▲0.2%)
○22:00 ◎ フランス国債入札
○24日00:45 ◎ バイトマン独連銀総裁、講演
○24日05:30 テキサス・インスツルメンツ第1四半期決算(予想:1株利益0.173ドル)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。

ドイツ債にフランス債でしょうかね。


オーダー状況。

1.3330ドル ストップロス買い
1.3300ドル ストップロス買い
1.3280ドル 売り
1.3370ドル 売り:ストップロス買い
1.3260ドル 売り
1.3250ドル 売り:ストップロス買い
1.3240ドル 売り:ストップロス買い

1.3200ドル(現在値)

1.3175ドル ストップロス売り
1.3160ドル 買い
1.3150ドル 買い
1.3130ドル 買い
1.3120ドル 買い
1.3100ドル 買い
1.3090ドル 買い
1.3080ドル 買い


ストップロス買いが結構ありますね。
レンジオーダープラス、ストップ買いって感じ。



まぁ、とにかく水平線気にしながらいきたいと思います。


4月22日(日) 

先週も結局その前の週と同じで一週間に二回のトレードのみ。
さすがにこのレンジだとどうしようもないですものね。

2012y04m22d_101610279.gif
直近レンジ上限ブレイク後の押し目買い。
もちろん大好きなダウ理論的にもきれいな形。
大きなレンジの上限まで持っててもよかったところですが、今の相場であんまり長く持っていたくないっていうのもあって節目で撤退。


しかし、トレンドはっきりしてくれればこういう形がバンバン出るんですけどね。
とにかくトレンドがしっかり出るまではじっと我慢ということで。




さて、相場がこんな状態なので大して書くネタもないため、いつものいきますw



[ 2012/04/22 10:56 ] わんこ | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。