2011 101234567891011121314151617181920212223242526272829302011 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

11月30日(水) 

月末ということで昨日処理できなかったお仕事ちょっとやってますw

苦手な雇用統計週なので別にいいのですが、ちょこっと昨日の画像だけ。

2011y11m30d_080219839.gif
1.34からの下落場面。
こういうわかりやすいというかきれいな形は見逃せないですよね。
なんだかんだでいつもの52MAと52RCIはいい感じ。


2011y11m30d_080707294.gif
こっちは最近やってる逆張り発想。
これも52RCIと52MAでやってます。




2011y11m30d_081044225.gif
相変らずの時間足。
ここ5日間くらい朝には同じ位置にいるんですよねw
それでもこのくらいボラがあってくれるならそれもOKかと。
今のこの閑散イッテコイ相場はある意味チャンスでもあるので。

大事なのは昨日の高値に月曜の安値でしょうか。





そんなこんなで、ちょっとバタバタしてますが、欧州時間までおでかけです。



スポンサーサイト

11月29日(火) 

ちょっとお腹痛いのとめまいするんで簡単に。。。

2011y11m29d_075100600.gif
最近練習中の逆張り。
こういう大事なラインでの反落はしっかり入っていきたいものです。


2011y11m29d_075842019.gif
欧州時間のWBからの上昇局面。
これはいつもの形。
すっごくきれいでした。



本日のスケジュール

16:00 英11月ネーションワイド住宅価格
16:00 スイス10月UBS消費指数
18:30 南ア7-9月期GDP
18:30 英10月消費者信用残高
18:30 英10月住宅証券融資残高
18:30 英10月マネーサプライ
18:30 英10月住宅ローン承認件数
19:00 ユーロ圏11月消費者信頼感[確報]
19:00 ユーロ圏11月鉱工業信頼感
19:00 ユーロ圏11月業況判断指数
19:00 ユーロ圏11月経済信頼感
19:00 ユーロ圏11月サービス業信頼感
21:45 米ICSC週間小売売上高
22:00 ハンガリー中銀、政策金利発表
22:30 加7-9月期経常収支
22:55 米レッドブック週間小売売上高
23:00 米9月及び7-9月期S&Pケースシラー住宅価格指数
24:00 米11月消費者信頼感指数
24:00 米9月及び7-9月期住宅価格指数
25:30 イエレンFRB副議長、講演[サンフランシスコ]
26:27 ロックハート・アトランタ連銀総裁、講演[アトランタ]
30:30 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、講演


重要イベント

16:00 英11月ネーションワイド住宅価格
18:30 英10月消費者信用残高、住宅証券融資残高、住宅ローン承認件数
(欧州債務危機の余波や財政緊縮などで英国経済は減速傾向)
19:00 ユーロ圏11月消費者信頼感[確報]、鉱工業信頼感、業況判断指数
(欧州の債務金融危機が重石。ただし、ドイツのIFO景況指数は懸念ほど悪化せず)
23:00 米9月及び7-9月期S&Pケースシラー住宅価格指数
(米国の住宅市場は下げ止まり。ただし、9月指標はやや古い数字で影響限定)
24:00 米11月消費者信頼感指数
(緩やかな雇用改善やガソリン下落、株価の急落一服などが下支え要因)
25:30 イエレンFRB副議長、講演[サンフランシスコ]
26:27 ロックハート・アトランタ連銀総裁、講演[アトランタ]
30:30 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、講演
(追加金融緩和のスタンスがドルやリスク選好と回避を左右)


今日はポン様の日でしょうか。



2011y11m29d_080001485.gif
しかし、見事なイッテコイで日足十時線。
昨日の高安値は大事かと。


 

11月28日-12月2日週の為替相場は、根強い欧州債務金融危機によるユーロ安やリスク回避の欧州通貨安、資源通貨安(クロス円主導の円高)、安全逃避のドル全面高(ドル/円での円安)の持続性と、ドル/円の円安が引っ張る形での円全面安の可能性をにらんだ展開となる。

欧州問題は来週もイベントが山積。連日、ユーロ各国の国債入札が行われるほか、各国の国債格下げリスクも残されており、こうしたニュースに一喜一憂の展開が続く。
政策面では29日にユーロ圏財務相会合、30日にEU財務相理事会が予定されている。改めて独仏の意見対立が続くと、ユーロ安やリスク回避によるクロス円での円高が持続。反対に12月9日のEU首脳会議に向けて、何らかの危機対応が進展してくると、短期的なユーロの反発やリスク選好による円全面安に作用する。

一方、前週からはリスク回避の円高・ドル高でも、ドル/円ではドル高が優勢になる場面が目立ち始めた。リスク回避が後退すると改めてドル安・円高のリスクが警戒されるほか、来週は米国の雇用統計などが低迷すると改めてドル安がぶり返しやすい。

それでもドル自体は米国指標の改善や海外金融機関の年越えに向けたドル調達、米国の多国籍企業や金融機関、ファンドなどによる年末決算に向けた海外収益のドル転(リパトリエーション)がドルをサポートしていく。

しかも米国ではドル安効果により、輸出が増加している。貿易赤字が減少しており、中長期的なトレンドとして需給面でのドル安圧力が後退してきた。
かたや日本では円高や世界減速を受けて、輸出が急減。最近は貿易赤字に転じており、需給面での円高圧力が微妙に減退しつつある。

さらに前週は信用力の高いドイツ国債の入札が不調に終わり、日本国債にも欧州ソブリン危機の余波が波及。前週はS&PやIMFが日本国債の格下げリスクや潜在的な財政不安に警告を発したこともあり、日本の国債価格が大きく下落した(金利は上昇)。
これまでの安全逃避の日本国債買い=円買いが揺らぎつつあり、海外勢の年末決算に向けた投機的な円ロング(買い持ち)ポジションの整理とあいまって、円売り戻し(外貨反発)の持続性に焦点が集まる。

テクニカルでドル/円は、5日移動平均線や21日線、25日線といった重要トレンドラインが上向きに転じてきた。それぞれ上向き方向が続いている限りは、こうしたラインを下値メドとしたドルの押し目買いとドルの下値切り上がりが意識されやすい。

反対にクロス円は5日線の方向性の下向き化が持続。5日線の下抜けと下向きが続いている限りは、5日線を上値メドとした外貨の戻り売り(円買い)。反対に5日線の上抜けと上向きに転換してくれば、5日線を下値メドとした押し目買いという展開となる。



今日は久々の大窓。
オセアニア市場ではリスク回避の巻き戻しに伴うドル売り・円売りが先行。イタリアのスタンパ紙が、国際通貨基金(IMF)がイタリアに対して6000億ユーロの支援を準備しているもようと報じたこと、またベルギーの主要6政党が予算で合意し、連立政権の発足に前進したことなどが好感されているようだ。
 ユーロドルはオセアニア市場で一時1.3345ドルまで上昇、ユーロ円も103.40円まで連れ高となった。またオセアニア通貨も堅調で、豪ドル/ドルは一時0.9823ドル、豪ドル円は76.20円を示現。NZドル/ドルも0.7509ドル、NZドル円は58.24円まで上昇した。なお、週末に実施されたニュージーランドの総選挙では、与党国民党が第一党を維持し、現職のキーNZ首相が2期目に入ることとなった。

単純に少し欧州懸念が緩和されたってことで買い戻し先行ってところでしょうか。

今のこの1.332あたり、いろんな大事なラインがあるのでここをというか1.33維持できるかどうかが今後の試金石となりそうな雰囲気です。


ただ、正直こういう大きな窓はあんまり好きじゃありませんが。


では本日のスケジュール。

09:00 NZ・11月NBNZ企業景況感
09:01 英11月ホームトラック住宅価格
09:30 西村日銀副総裁、講演
10:00 白川日銀総裁、名古屋市で講演
13:45 白川日銀総裁、記者会見[名古屋市]
14:00 日11月中小企業景況判断[商工中金]
17:00 台湾10月先行/一致指数
18:00 ユーロ圏10月マネーサプライ
18:00 伊11月景況感指数
20:00 英11月CBI流通取引調査
21:00 独12月GFK消費者信頼感
22:00 アルムニア欧州委員、講演[マドリッド]
24:00 米10月新築住宅販売件数
24:30 米11月ダラス連銀製造業活動指数
24:30 イスラエル中銀、政策金利発表

時間未定
独11月消費者物価指数・速報

ファンロンパイEU大統領、バローゾ欧州委員長、オバマ米大統領と会談[ワシントン]


重要イベント
09:30 西村日銀副総裁、講演
10:00 白川日銀総裁、名古屋市で講演
13:45 白川日銀総裁、記者会見[名古屋市]
(欧州債務金融危機などを受けた追加緩和の地ならし焦点。追加緩和は円安要因)
16:00 独12月GFK消費者信頼感
20:00 英11月CBI流通取引調査
(それぞれ欧州債務危機や世界減速懸念などで悪化のリスク)
24:00 米10月新築住宅販売件数
(最近の住宅指標は懸念ほど悪化せず。最近の改善の反動減速が波乱要因)
ファンロンパイEU大統領、バローゾ欧州委員長、オバマ米大統領と会談[ワシントン]
(欧州債務危機で好材料が浮上すればユーロ高やリスク選好の円安。失望ならその反対)


引き続きユーロ圏の問題で右往左往しそうな感じですよね。
商いは相変らず薄いみたいなのであまり粘りたくないところ。


時間足。
2011y11m28d_082030295.gif
久々の大窓でなんか壊された感はありますが、大事なところは一目瞭然かと。
もちろん今いるところが水・木の安値。
このサポだったラインがレジとなるのかどうか。
そしてそのあとは木曜高値の1.34あたり。
こうやって見るとやっぱり水平線の機能する通過だな、としみじみ。
ちなみにツイートもしましたけど52時間線もこのあたりで、遅行線がちょうど今実体にぶつかってます。
まさに別れ道といったところでしょうか。
ただ、この大窓、本当にやりづらいですw


あ、あと引き続きイタリア債などのユーロ圏国債入札は気にしておきたいですよね。



ところで、体重も減っちゃって、ますます低体温による冷え性がひどくなってるので、お肉の変わりにプロテイン飲もうかと思ってるんですけど邪道かしら。。。

[ 2011/11/28 08:39 ] 雑記 | CM(8)

旅日記 

今月はほぼ毎週のようにわんこ日記書いてますが、最終週の今日も書いちゃいますw

以前にも書いたおうちにいってきました!


しかも三匹つれてw


というわけで相変らず長くなりますがよろしくお願いいたしますっ



[ 2011/11/27 10:44 ] わんこ | CM(6)

11月24日(木) 

今日は感謝祭でアメリカさんお休みということで期待はあまり出来なさそうですが、20時半の独仏伊首脳会談があるということでこれが一番の目玉でしょうか。
昨日のまさかの独債入札不調というニュースがあってのこれはやっぱり気になります。
一番景気のいいドイツでこれですからね。。。


昨日はそのドイツネタでの下落でついにレンジブレイク。
入ったのはそこと、そのあとのリバでちょこっと。
閑散は閑散なので変な動きには注意したいのと、大きく動けばこういう閑散なときはイッテコイすること多いのでそれも気にしておきたいです。
そういう相場にはやっぱりこまめに入ってこまめに撤退がいいのかと。


では昨日の画像。
2011y11m24d_092140047.gif
5分でいい形のところで売り。
強いサポの手前だったんでちょっと怖かったですけど、独債ニュース出てたのと、かなり大きな売り玉出たの確認してのエントリー。
こういうブレイク前はやっぱりあるんですよね、大口さん。

で、そのあとのリバ取り。
その独債ニュースが誤報ではないのか?
って噂流れて、これは事実にしろ噂にしろ、むりやり上げたい輩がいるのでは、ってのも頭のなかにあって。。。
でももちろん早めに撤退で。

この二回だけでしたけど、やっとレンジ割れしてくれたのはやっぱりうれしいですw





では、本日のスケジュール。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。