2010 081234567891011121314151617181920212223242526272829302010 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

9月30日(木) 

1.36を抜いたまま昨日引けて、さてどうする?って雰囲気になってまいりました。
この1.36って今年一番滞在期間の長いところなんで、大事かなって思ってます。
買ってた大口さんたちの一応の目標になってることも多いでしょうし。
ただ、中華さま次第って気もしますがw

ちょっと遅くなっちゃったのでさっそく今日のスケジュール。

10:00 豪8月HIA新築住宅販売
10:30 豪8月住宅建設許可件数
10:30 豪8月民間部門信用
11:00 NZ・9月NBNZ企業信頼感
11:00 シンガポール8月マネーサプライ
13:00 日8月自動車生産実績
14:00 日8月住宅着工統計
14:00 日8月建設工事受注額
15:00 南ア8月民間部門信用
15:00 南ア8月マネーサプライ
15:00 英9月ネーションワイド住宅価格
15:45 仏8月生産者物価指数
16:00 ユーロ圏財務相会合[ブリュッセル]
16:55 独9月雇用統計
17:30 台湾中銀、政策金利発表
18:00 ユーロ圏9月消費者物価指数[速報]
18:00 香港8月マネーサプライ
18:00 伊9月消費者物価指数[速報]
18:30 南ア8月生産者物価指数
19:00 日9月外国為替平衡操作[為替介入]実施状況
19:30 EU財務相、中銀総裁がブリュッセルで会合[10月1日まで]
19:30 ケーブル英民間企業担当相、ブリュッセルで講演
21:00 南ア8月貿易収支
21:30 加7月国内総生産
21:30 米4-6月期国内総生産[確報]
21:30 米新規失業保険申請件数
22:45 米9月シカゴ購買部協会景気指数
23:00 米9月ミルウォーキー購買部協会景気指数



重要イベント

10:30 豪8月住宅建設許可件数、豪8月民間部門信用
(豪州の内需は底堅さ、回復ペースが鈍化なら調整の豪ドル安に)
16:55 独9月雇用統計
(9月の独IFO景況指数は改善。雇用も底堅さ)
19:00 日9月外国為替平衡操作[為替介入]実施状況
(想定外の介入額と介入回数が確認されると円安波乱のサプライズ)
21:30 米4-6月期国内総生産[確報]
(下方修正のリスクが消えず)
21:30 米新規失業保険申請件数
(前週の悪化の反動改善が焦点に)


今日は昨日なかった米指標がたくさん。
さらにドイツの雇用統計。
個人的には外国為替平衡操作[為替介入]実施状況がやっぱり気になりますがw

スポンサーサイト

ひげ 

夕方の1.36ブレイクはよかったんですけどそれ以降は方向感もなくヒゲだらけ。
昨日と同様に激しく動いてたんで手出しできず。
レンジスキャのうまい人ならおいしい相場だったんでしょうけどね。

まぁ、無理はしないってことで。


時間足も
2010y09m30d_003401358.gif

5分足も
2010y09m30d_003419132.gif

ヒゲばっかり


こういうのダイッキライw
やっぱり時間足レベルで方向感出ないとダメってことで。


やっぱり指標ないときっかけがないんでしょうね。
スペイン格下げもいつ発表か?って感じでしたし。
これが上値抑えてた感じも。
ポジ整理じゃないですけど、利確売りが出てたとか。


ってことで画像いきます~。




[ 2010/09/30 01:40 ] 反省会 | CM(4)

9月29日(水) 

昨日のドル安を受けての今日。
調整が入るかどうかが見所ってところでしょうか。

あとは昨日もそうでしたけど、ポン様の下落がゆろるの上昇のきっかけになることが多いのでそこも気にしておきたいところ。
材料的には今ポン様のほうがありますしね。


というか、ダウは相変らず( ゚∀゚)o彡°USA!USA! ですよね~w



ではさっそく本日のイベントスケジュール。

09:00 豪7月コンファレンスボード景気先行指数
11:00 NZ・8月マネーサプライ
11:30 中国9月HSBC製造業PMI
15:45 仏9月消費者信頼感
16:30 伊9月景況感指数
17:00 伊8月生産者物価指数
17:30 英8月消費者信用残高
17:30 英8月住宅証券融資残高
17:30 英8月住宅ローン承認件数
17:30 英8月マネーサプライ[確報]
17:30 英7月サービス業指数
18:00 ユーロ圏9月消費者信頼感
18:00 ユーロ圏9月鉱工業信頼感
18:00 ユーロ圏9月業況判断指数
18:00 ユーロ圏9月経済信頼感
18:00 ユーロ圏9月サービス業信頼感
18:30 南ア8月消費者物価指数
18:30 スイス9月KOF先行指数
19:00 欧州委員会、財政規律違反国に対する制裁案を提出
20:00 米MBA住宅ローン申請指数
21:30 加8月鉱工業製品価格
21:30 加8月原料価格指数
23:00 ゴンサレスパラモECB理事、ボリビアの首都ラパスで講演
23:15 コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁、ロンドンで講演
23:30 EIA週間石油在庫統計
25:30 プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁、ニュージャージーで講演
26:15 ローゼングレン・ボストン連銀総裁、ニューヨークで講演

時間未定
ルーマニア中銀、政策金利発表
ポーランド中銀、政策金利発表


重要イベント

17:30 英8月住宅証券融資残高、英8月住宅ローン承認件数
(緩やかな融資改善が確認されると追加緩和の観測後退。ポンド高を支援)
18:00 ユーロ圏9月消費者信頼感、鉱工業信頼感、サービス業信頼感
(9月はPMI指数が悪化もドイツのIFO指数は改善。底堅さが持続も)
19:00 欧州委員会、財政規律違反国に対する制裁案を提出
(アイルランドなどの財政不安はユーロ安の潜在リスクに)
23:15 コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁、ロンドンで講演
25:30 プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁、ニュージャージーで講演
26:15 ローゼングレン・ボストン連銀総裁、ニューヨークで講演
(いずれも景気慎重論の度合いと追加緩和へのスタンスが焦点に)

今日はアメリカさんの重要指標はないですけど、その分欧州のがいっぱい。
欧州時間が勝負所でしょうか。


ゾンビ 

相変らずのゾンビっぷりで笑ってしまいました
とはいってもブレイクする前のあの上下のイッテコイで時間足のヒゲは見てるだけで吐き気しそうな動きしてましたがw

なんにしても恒例のコマ足NR7の高安値ブレイクはやっぱり走りますね。
安値は案の定怖い感じでしたけど↑は強い強い。


それにしても恐ろしいのは金さま
2010y09m28d_234818852.gif
史上最高値更新。
青天井ってこういうことをいうのかな、ってw


さてさて、なんにしてもドル安相場。
ついにドル円も84円割れ。
明日の日中で介入があるのかどうか。
ゆろるも50フィボブレイク。

中国が外貨準備金をドルの比率下げるとかなんとか。
去年の今頃も言ってましたよね。
でユーロと金さま買いまくりながら。
今も同じ状態。
んー、中国・・・なんか悔しい



と、なんだかんだやってたらこんな時間になってしまったんでささっと画像いきます。


[ 2010/09/29 01:55 ] 反省会 | CM(2)

9月28日(火) 

今日は各通貨さすがにあれだけ動かなかった昨日でNR7出まくり。
このレンジブレイクはしっかり見ていきたいところです。
とはいっても動く材料もなさそうなので、材料待ちってところでしょうか。

一応今朝早くにアメリカの追加金融緩和策の内容が予想より軽い内容になるのではないか?っていう噂が出てドル買戻し入ってドル高の流れが出てたみたいですが、レンジ抜くことはできず。
これを欧州勢がどう受け止めるかですよね。


それにしてもドル円ムカデみたいで気持ち悪いですw



ということでさっそく本日のスケジュール。

13:30 桜井経済同友会代表幹事、定例記者会見
14:00 日9月中小企業景況判断[商工中金]
15:00 独10月GFK消費者信頼感
15:00 スイス8月UBS消費指数
15:45 仏8月消費者支出
15:45 トゥンペルグゲレルECB専務理事、ブリュッセルで講演
16:30 伊9月消費者信頼感指数
16:30 シュタルクECB理事、イスタンブールでパネルディスカッションに参加
17:00 リッカネン・フィンランド中銀総裁、ヘルシンキで講演
17:30 英4-6月期総合事業投資[確報]
17:30 英4-6月期国内総生産[確報]
17:30 英4-6月期経常収支
19:00 英9月CBI流通取引調査
20:45 米ICSC週間小売売上高
21:55 米レッドブック週間小売売上高
22:00 米7月S&Pケースシラー住宅価格指数
23:00 米9月消費者信頼感指数
23:00 米9月リッチモンド連銀製造業指数
30:30 ロックハート・アトランタ連銀総裁、テネシーで講演

時間未定
独9月消費者物価指数[速報]

エッティンガー欧州委員[エネルギー担当]、ブリュッセルで講演
ロシア中銀、金利政策会合開催



重要イベント

17:30 英4-6月期国内総生産[確報]
(底堅さを確認も。24日には一部の英中銀委員から早期利上げの支持発言)
22:00 米7月S&Pケースシラー住宅価格指数
(7月は住宅市場が低迷。やや古い統計でもあり、一定の悪化は織り込まれる)
23:00 米9月消費者信頼感指数
(根強い雇用不安や政権不信が低迷のリスク。株高や金利低下などが下支え要因)


あー今日はポン様の日ですねw



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。