2010 041234567891011121314151617181920212223242526272829302010 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 |

GW 

今日から日本はゴールデンウィーク
大して動かないのは去年で懲りてるのでほとんど入らず、過去チャートをのんびりチェック。
いいところだけちょこっとだけやって、お勉強タイム。

途中で熱帯魚の水槽いじったり、わんこと遊んだりとちょっと寂しいゴールデンウィーク初日でした

ネタもほとんどなく淡々とチャートは買い戻しの形。
コアラが気味悪いほど強くて真綿で首を絞めるかのようなジリ上げw
ポン様もⅤ字上昇。
ゆろるちゃんも夕方そこそこいい上昇してましたけど、お魚さんいじってて入れず。

まぁ、GWなんで無理に入ってもいいことないですしね。


ということで今日は簡潔に画像いきますね~。
スポンサーサイト

[ 2010/04/29 23:17 ] 反省会 | CM(6)

4月29日(木) 

トレードしてたら遅くなっちゃいました

昨夜はまたS&Pがやってくれたんですね・・・。
チャート見てはいたんですけど、数秒で50ぴぴ以上下落とか
SP0429スペイン格下げ
こんな感じで1分足で10ぴぴ以上の窓って雇用統計でもそんなに見ないですよね。
ずっと10ぴぴくらいの値飛びで動いてましたしw
もうこういうのカンベンしてもらいたいです


昨夜の流れ
ショイブレ独財務相:
「これは単なるギリシャの問題では無い、欧州とドイツの問題
我々は投機的な動きに対抗するため、この問題を解決する
対ギリシャ支援でユーログループは初年に300億ユーロを救出の可能性、決定は3年分」

トリシェECB(欧州中銀)総裁
「ユーロは非常にシッカリとした通貨だ(very solid currency)
ギリシャは特別なケースだ
格付け機関は支援プログラムを考慮すべきだ」


ショイブレ独財務相:
「独議会上院は5月7日にギリシャ支援を討議する可能性がある」
「ドイツは支援の是非を31日に決定可能」
「ドイツは最後の手段としてのギリシャ支援を助ける」


このコンボのような流れで一気に買い戻しの流れになってたのですが、

IMFのストロスカーン専務理事が
「ギリシャの支援パッケージは1000-1200億ユーロで3 年間以上行う価値ある」と発言するなど、
問題の着地点がはっきり見えない事が嫌気されている。
トリシェさんの上記の「very solid currency」発言がここにきて、
ECB総裁がそう発言せねばならない状況なのか、と解釈されて下落。


もう何がなんでも下落に結びついてしまうゆろるたん。。。

そこにとどめの

格付け機関 S&P
「スペインの格付けを引下げ」


これで上に貼ったような下落。


でもここで黙ってないスペイン。

カンパ・スペイン副財務相が「S&Pによる格下げ、驚きだ」と今回の格下げに対する批判をしつつ、「スペインに金融支援は必要ない」「スペインの現在の成長見通しを堅持する」との見解を発した。

これで再び上昇。

さらに

格付け機関 フィッチ「スペインは引き続き”AAA”格付けを有し、見通しは”安定的”だ」との声明を発し、現時点でスペインの格付けを変更する計画がない事を明らかにした。

ただ、「重要なリスクは、中期的に力強い経済回復を続けられるかどうかだ」と指摘した。

以下はフィッチによるスペインの格付け状況
■外貨建て長期債 「AAA」
■自国通貨建て長期債 「AAA」
■見通し 「安定的」


今度はフィッチですかw
もう格付け会社のやりたい放題。
各国はHF規制の前に格付け会社規制したほうがいいのではないかと思っちゃうくらい。



と、長くなっちゃいましたが、昨日の夜中からの値動き。
FOMCがほとんど材料視されなかったのは笑っちゃいましたが。

では本日のイベント

12:00 NZ・3月マネーサプライ
16:55 独4月雇用統計
17:00 ユーロ圏3月マネーサプライ
18:00 ユーロ圏4月消費者信頼感[確報]
18:00 ユーロ圏4月鉱工業信頼感
18:00 ユーロ圏4月業況判断指数
18:00 ユーロ圏4月経済信頼感
18:00 ユーロ圏4月サービス業信頼感
18:30 南ア3月生産者物価指数
21:30 米3月シカゴ連銀全米活動指数
21:30 米新規失業保険申請件数

時間未定
ブラジル中銀、政策金利発表

トリシェECB総裁、CESifoグループ主催の会議で講演[ミュンヘン]

米決算発表
プロクター・アンド・ギャンブル[P&G]
イーストマン・コダック
モトローラ
バイアコム
エクソンモービル
コノコ・フィリップス
CMEグループ

日・昭和の日で休日


重要イベント

16:55 独4月雇用統計
(ユーロ安などが追い風となり、ドイツの経済自体は改善傾向)
21:30 米新規失業保険申請件数
(最近は改善ペースが鈍化。5月雇用統計の回復期待が後退するとドル安波乱)
ブラジル中銀、政策金利発表
(利上げサイクルが金利差面で新興国通貨を支援。ただし、株安・円高の潜在リスクもはらむ)
日・昭和の日で休日

ドイツの雇用統計怖いですね・・・。


以下オーダー状況。


ギリシャ債 

値幅的にはすっごく小さいんですけど、いつもの1分足でのサインはきれいに出てくれてたので、細かく入ればいい感じ
粘るとイッテコイも多いですけど、粘る場所さえわかればもっといいんですけどね。。。
相変わらずジャブしかうてないみたいw

最近恒例のオセアニア時間での下攻めで東京時間は期待してなかったんですけど、
『今夜19:00にECBのトリシエ総裁は、ショイブレ独財務相とドイツの国会議員と会合を持つ。ギリシャの債務に関する話し合いがもたれる予定となっている。またIMFのストロスカーン専務理事も参加する予定。』
これが出て、買戻しで上昇。
でも明らかに上値抑えられてる感じ。

ということで、欧州時間からは完全に売り目線。
ギリシャ10年国債の独国債に対するスプレッド、700BP超に拡大
2年物のギリシャ国債利回りは21.00%に上昇

さらに
欧州中銀のシュタルク専務理事が28日、「欧州中銀はギリシャ国債の購入を検討していない」と市場の一部に出ていた観測を否定したことでユーロが圧迫された。EUのギリシャ支援にはユーロ圏のすべての国の議会で支援策が承認されることが条件とされているが、ドイツ国内でギリシャ支援反対の声が強まる中で、ギリシャが資金繰りの難局を乗り切る為には、欧州中銀のギリシャ国債購入しかないとの見方がマーケットでは強まっている。
これでヒゲ出しながらも下落。
トドメに今夜のFOMCの文言で『長期』って外れるのかどうかっていうのがまた話題になってドル買いでドルストレート全部が下落。
本当にドル利上げうんぬんの話が本当に出たらゆろるちゃんひどいことになりそう・・・


ということで、今日はちょっと手数が多くてぐったり。
では画像です~。

[ 2010/04/28 18:15 ] 反省会 | CM(6)

4月28日(水) 

ゆろるちゃん、約一年ぶりに1.32割れ。。。
昨日はリバってくるとS&Pがことごとく格下げで叩き落とし

ポルトガルの短期格付けを「A+」→「A-」に格下げ
ポルトガルの長期格付けを「A-1」→「A-2」に格下げ
見通しは「ネガティブ」


これでどかんと落ちてまた戻ってきたら今度は

ギリシャのソブリン格付けをジャンク級に引下げ
ギリシャのソブリン格付けを「BBB+/A-2」→「BB+/B」に引下げ
見通しは「ネガティブ」


ジャンク級ってw
でもこの格下げでギリシャはEUの基準満たさなくなっちゃったんですけど、ギリシャの国際もEUでは担保にみなされなくなるってこと?


んで、ダウが久しぶりに大きくクラッシュ
いつもなら日本時間になってからダメ押しあるんですけど、最近はオセアニア時間にくるみたい。


ということでとりあえず今日のイベントスケジュール。

08:50 日3月商業販売統計
10:30 豪1-3月期消費者物価指数
12:00 NZ・4月NBNZ企業信頼感
15:15 シュタルクECB理事とドイツのアスムッセン財務次官、ユーロマネー・コンファレンスで講演[ベルリン]
16:30 伊4月景況感指数
18:30 南ア3月消費者物価指数
20:00 米MBA住宅ローン申請指数
21:00 ポーランド中銀、政策金利発表
23:30 EIA週間石油在庫統計
27:15 FOMC[米連邦公開市場委員会]政策金利発表

時間未定
独4月消費者物価指数[速報]

トゥンペルグゲレルECB理事、欧州委員会主催の会議で講演[マドリード]
メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁、金融安定について記者会見[ルクセンブルク]

米決算発表
スプリント・ネクステル
コムキャスト
ビザ
AOL
オールステート
グッドイヤー・タイヤ&ラバー
コーニング
ダウ・ケミカル

需要イベント
東京市場で外貨建て投信の新規設定
(資金流入の実績次第では、クロス円を中心とした外貨高・円安要因に)
10:30 豪1-3月期消費者物価指数
(23日に豪中銀総裁が「重要視している」と発言。落ち着きなら豪ドル安の波乱)
15:15 シュタルクECB理事とドイツのアスムッセン財務次官、ユーロマネー・コンファレンスで講演[ベルリン]
(ギリシャ問題の発言焦点。影響は同日のユーロの投機的なポジションの偏り次第)
27:15 FOMC[米連邦公開市場委員会]政策金利発表
(低金利の長期化維持ならドル安、緩やかに出口戦略を前進ならドル高、想定外の利上げ地ならし進展なら株安・円高の波乱)
東京5月連休中の金利差収入(スワップ・ポイント)権利確保に向けた高金利通貨の仕込み買いと、権利確保後の外貨売りが焦点。



今日は何はともあれ投信設定ですよね。
日本5連休で通常なら資源国通貨も買われそうな流れですし。
今日というか明日の早朝に買って即売れば受け渡し日が5連休だから5日分のスワップが手に入るってことですもんね。

まぁ、FOMCもあるしまた2時過ぎから動くのかしら。。。


やりやすい? 

JPタイムはちょっと動きは遅いですけど、サインがしっかり出てくれてたので、昨日なんかに比べれば比較的やりやすい感じかな
まぁ、値幅は小さいので細かくですが。

調整っぽい円買いからのユーロ売りっぽいのでこんなものかしら。


ということで画像です~。

04271  04272
一回目はいつもの形。
昨日から効いてるトレンドラインで撤退。
ちょっと売りで粘るのも怖いって感じるようになってきました。
オセアニア時間であれだけの上昇見せられちゃうとさすがにね
二回目は1分ではきれいな形にならず、5分足でのトレード。
まぁ、利幅小さいんですけどね。
コアラとポン様があれだけ落ちてればさすがにゆろるたんもそんなに落ちないですし。
5分足でいつもの1分足の形になったところで売りで直近安値で撤退。
ダイバーのダブルボトムになりそうな形。

04273
5分足での撤退のあとの戻りを1分足で。
これもいい形。
もちろん利幅はJPですし、期待はしていませんが。
とりあえずちりも積もればってことでw

値幅取るのは欧州時間以降で・・・。




それにしてもこのまま上がるかしっかり下がるかすればいいのですが、心配なのは日足でレンジになってしまうこと。
これだけニュース出たり発言で右往左往されると身動き取れなくなってきそうなんですよね。。。


とりあえず午前中は以上です~。


↓ということで午後から欧州時間。

[ 2010/04/27 23:42 ] 反省会 | CM(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。